院内紹介
Facility

院内紹介

受付・待合室・診察室

受付

光が差し込む明るい内観となっております。
予約システム、キッズルーム、バリアフリーなど、快適なクリニックづくりにしております。
駐車場、およびクリニックの入り口を含め、クリニック内はフラットな作りとなっておりますので、車いすの方でも安心してご来院いただけます。多機能トイレにはおむつ交換が可能なベビーシートもございます。

  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
  • 院内風景
キッズスペース・バリアフリー
  • キッズスペース・バリアフリー
  • キッズスペース・バリアフリー
  • キッズスペース・バリアフリー
安心のための 安心のための
新型コロナウイルス感染対策
  • 検温
    毎朝検温し健康管理をしています。
  • マスク
    スタッフのマスクの着用を義務づけております。
  • 手洗い
    手洗い・うがい・消毒を徹底しています。

発熱外来

  • 発熱外来
  • 発熱外来
  • 発熱外来

当院では、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、2020年10月2日より発熱外来を開設しております。
発熱がある方以外に、新型コロナウイルス感染症が疑われる方、感染症患者との接触がある方は、
一般の診察室とは別に設置した発熱外来用診察室にて診察、および検査を受けていただきます。

医療設備

  • ネプライザー
    ネブライザー
    専用器械を使って鼻や口から霧状の薬液を吸入することによって、患部に効率よく薬を作用させることができます。鼻の通りをよくすることで鼻汁を出しやすくしたり、鼻やのどの炎症を鎮めたりするために使用します。
  • 内視鏡
    内視鏡
    鼻内や耳内、のどの中を観察するのに使用します。肉眼での診察よりも詳しく診察ができます。動画、静止画として、説明の際に見ていただくことができます。
  • 赤外線フレンツェル
    赤外線フレンツェル
    めまいがしている時には、眼振という特徴的な眼の動きが見られることがあり、これを観察するための眼鏡です。赤外線カメラが付いていて、明るいところで観察するよりも所見がわかりやすく診断に有用です。
  • レントゲン室
    レントゲン室
    主に鼻や副鼻腔の撮影に使用します。副鼻腔炎や鼻骨骨折の診断を行います。
  • 顕微鏡
    顕微鏡
    主に耳内の診察や処置に使用します。肉眼で見えにくい鼓膜の詳細を調べたり、耳内の異物や耳垢を除去したりします。
  • 聴力検査装置
    聴力検査装置
    純音聴力検査(音が聞こえているかの検査)や、語音聴力検査(言葉の聞き取りやすさを調べる検査)、ティンパノメトリー(鼓膜の動きの程度をみる検査)などを行います。
  • 電気メス
    電気メス
    主に鼻出血を止血するために用います。鼻出血を繰り返されている患者さんでは、鼻の中に血管がでていることがあり、これを焼くことにより確実な止血ができます。
    また、手術の際の止血にも使用します。
  • 硬性鏡(耳用・鼻用)
    硬性鏡(耳用・鼻用)
    内視鏡とは異なり、金属の細い棒のような形態をしています。内部に高精度の光学レンズを組み込んでおり、ビデオカメラを接続して、モニターに映して観察します。鼓膜鏡、鼻腔鏡の2種類があり、処置、手術に使用します。
  • 超音波診断装置(エコー)
    超音波診断装置(エコー)
    頸部のリンパ節や腫瘤、甲状腺の診察の際に使用します。

診療時間

9:00〜13:00、15:00〜19:00
(土曜は17:00まで)

休診日 日曜・祝日

午前 9:00〜13:00 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇
午後 15:00〜19:00 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

※土曜日の午後診療は15:00~17:00までとなります。